不動産業者の仲介の方法について

土地や建物などの不動産を購入するにおいて、一般的には不動産業者に仲介をしてもらって購入することになります。なぜなら不動産を購入する場合には専門的な知識が必要になったり、いろいろな手続きをする必要があるので、自分の力で購入するのはなかなか難しいからです。

 

そして不動産業者が不動産を購入する人を仲介して手続きをするにおいての仲介の方法が3通りあります。それは一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任 媒介契約の3つです。一般媒介契約とはある不動産業者に仲介を依頼した時、別の業者に仲介をしてもいいし、自分で手続きをしてもいいという契約です。専任 媒介契約はある不動産業者に仲介を依頼した時、自分で手続きをすることはできるのですが、他の業者に依頼はできないという契約です。専属専任媒介契約とは ある不動産業者に仲介の依頼したらその業者にすべてを任せなければならないという契約です。

 

そして基本的に専属専任媒介契約で仲介をしてもらったほうが不動産業者の人もやる気が出て、よりいい物件を探せる可能性が高くなると言えます。